Home
Profile
Information
Discography
Back
 
ご注文はCDショップ・ブルームーンで承っております。
ご注文要項

ラーシュ・ヤンソン・トリオ待望の新作が遂に登場!
透明でキラリと光る水滴のような音を紡ぎだすラーシュの世界
クールな中に熱い情熱、優しさの中に力強さ、繊細な中に大胆さ
14篇の美しい詩が誕生した

(P)&(C) 2009 Spice of Life.
SOL SV-0011
税込価格 2,520円
【New!】
In Search Of Lost Time
"イン・サーチ・オブ・ロスト・タイム"
「失われた時を求めて」
Lars Jansson Trio
1 There Is A Butterfly In My Room
2 At-one-ment
3 Midsummer
4 Siljan Waltz
5 In Search Of Lost Time
6 Simple Song Simple Life
7 One Hand Clapping
8 Fisherman
9 God´s Delays Are Not God´s Denials
10 A rare Italian Bird
11 Where is the blues 4
12 Gods who shit
13 New Room
14 Hilda
 
Recorded at Nilent Studio in Gothenburg
on 2009 March 25-27
マークをクリックすると Real Player で試聴できます。 Real Player のダウンロード
 昨年6月に室内楽と共演したアルバム「ワーシップ・オブ・セルフ」を発表して大きな話題をさらったラーシュ・ヤンソン。彼のピアノ・トリオ作品としては2004年10月に発表された「アイ・アム・ザット」以来、実に5年ぶりとなる新作がいよいよ発売される。ラーシュ・ヤンソンが25年ぐらい前に書きとめた作品から録音の前日に書いた作品など、「失われた時を求めて」というタイトルにあるように彼の人生を回顧し、様々な経験に思いを寄せた作品となっている。ラーシュ・ヤンソンの音は北欧の「凛」とした空気感にたとえられる。あくまでも透明でキラリと光る水滴のような音を紡いでいく。そして、彼の作品はその美しいメロディーとクラシックに通じる作曲手法、そして、クールな中にも熱い情熱、優しさの中にも力強さ、繊細な中にも大胆さを盛り込んだラーシュ・ヤンソンならではのジャズの世界を創り上げて来た。

 この最新アルバムはライブ感を強調した演奏が、躍動感と新しい緊張感を生み出すことに成功したラーシュ・ヤンソン・トリオの新たなページを開く傑作といえる。
今年の9月には、アルバム「ワーシップ・オブ・セルフ」より正式にトリオのメンバーとなったベースのクリスチャン・スペリングと共にラーシュ・ヤンソン・トリオのレギュラートリオ初の日本公演を東名阪で予定しており、この秋、北欧ジャズの人気をいっそう高めるコンサートとなることが期待されている。

  Member
■ラーシュ・ヤンソン:ピアノ
クリスチャン・スペリング:ベース
アンダーシュ・シェルベリ:ドラムス
このCD「In Search Of Lost Time」のピアノ譜ができました。
ぜひCDと併せてどうぞ!
CD「In Search Of Lost Time」収録の一部のピアノ譜を含む、多数の楽曲がPDFダウンロードでご購入いただけます。

ラーシュ・ヤンソン・トリオ・2009秋、ジャパンツアーが開催されました。

E-mail: info@Lars.jp Copyright(c)2003- Lars Jansson. All rights reserved.