Home
Profile
Information
Discography
Back
 
ご注文はCDショップ・ブルームーンで承っております。
ご注文要項

スウェーデンを代表する二人の巨星が10年ぶりに再会。
しなやかで躍動感に満ちたオーヴエと、心に染み入る美しいタッチのラーシュ。
フレッシュなリズムを得てみずみずしい感性が溢れた会心作!

(P)&(C) 2012 Spice of Life.
SOLSV-0030
税込価格 2,520円


2013/12/18発売!
ご注文お待ちしております!

Everything I Love "エヴリシング・アイ・ラヴ"
■ ラーシュ・ヤンソン:ピアノ
■ オーヴェ・イングマールソン:テナー・サックス
■ トーマス・フォネスベック:ベース
■ ポール・スヴァンベリー:ドラムス
1 It Worked (Jansson)
2 Everything I love (Cole Porter)
3 Hilda Plays (Jansson)
4 The Little Waltz (Ingemarsson)
5 Slow September (Jansson)
6 Ohana (Ingemarsson)
7 You and the night and the music (Arthur Schwartz)
8 Dad up in a tree (Jansson)
9 New room (Jansson)
10 The Ant (Jansson)
11 Giving Receiving (Jansson)
マーク、または曲名をクリックすると直接mp3プレイヤーが立ち上がります。
ラーシュ・ヤンソン・トリオ1年半ぶりの新作は、ラーシュの良き友であり音楽的な信頼関係の深いスウェーデンを代表するテナー・サックス奏者、オーヴェ・イングマールソンを迎えたアルバムである。

彼とのCD作品は2003年7月に発売されたオーヴェ・イングマールソン・カルテット「ニュー・ブルース」(SOL SC-0004南青山Body & Soulでのライブ録音盤)以来10年ぶりの顔合わせである。

ラーシュ・ヤンソン・トリオはアルバム「ホワッツ・ニュー」から若き才能溢れるトーマス・フォネスベック(B)とポール・スヴァンベリー(Ds)を起用して以来一層精力的な演奏活動と積極的な創作活動を繰り広げて来たが、いよいよ待望のオーヴェ・イングマールソンとの共演アルバムがここに完成した。

オーヴェは90年代にウルフ・ワケーニウス・グループにラーシュ・ヤンソン、ラーシュ・ダニエルソンらと共に参加して、スウェーデンを代表するグループとして国際的にも絶賛を浴びた。
またボーヒュースレン・ビッグバンドの重鎮としても長く活躍、日本での来日公演でも素晴らしいソロを聴かせてくれた。

長年に亘って磨き上げられたテクニック。そして、しなやかさと躍動感を併せ持つ彼のテナーは、音色とメロディーの美しさも相まって聴く人の心を捕らえて離さない。
ボブ・バーグ、ボブ・ミンツァー、ジェリー・ベルゴンジーなどからも絶賛されているプレイヤーである。

アルバムタイトル曲は心地よくスイングするコール・ポーターの「Everything I Love」。
スタンダードの名曲「You and the night and the music」では白熱したプレイが聴かれる。

ラーシュはこのアルバムの為に5曲の新作を用意。オーヴェは2曲の新作を書き下ろした。
ラーシュの「イン・サーチ・オブ・ロスト・タイム」から「New Room」、そしてラーシュの名曲の一つ「Giving Receiving」が聴けることもこのアルバムの魅力を一層大きな物にしている。

スウェーデンを代表する二人の巨星の再会は、極めてエキサイティングなアルバムとして結実した。
Member
■ラーシュ・ヤンソン:ピアノ
オーヴェ・イングマールソン
テナーサックス
トーマス・フォネスベック:ベース
ポール・スヴァンベリー:ドラムス

ラーシュ・ヤンソン・2014春、ジャパンツアー
(スペシャルゲスト、オーヴェ・イングマールソン)
が開催されます(詳細はこちら!)

E-mail: info@Lars.jp Copyright(c)2003- Lars Jansson. All rights reserved.