Home
Profile
Information
Discography
BBS
Back
 
ご注文はCDショップ・ブルームーンで承っております。
ご注文要項
(P)(C) 2000 IMOGENA AB
(C) 2003 Spice of Life Inc.
税込価格 2,520円(輸入盤)

■IGCD-090(輸入盤)デジパック



国内盤は販売終了しました。
Giving Receiving
ギビング・レシービング
1 Giving Receiving
2 Gruaud Larose Part 1
3 Gruaud Larose Part 2
4 Soft breeze
5 Angelus
6 Rojo y negro
7 Strobel
8 Margaux
9 To the little man
10 Spering
11 Petrus
12 In memory of Leroy Lowe
■All music composed and arranged by Lars Jansson
■Recorded at Swedish Radio, studio 12,
Goteborg jan 25-27 2000.
マークをクリックすると Real Player で試聴できます。 Real Player のダウンロード
「ノルディック・ミーティング」から生まれた国際色豊かな3管+リズムの意欲作。 これまでラーシュ・ヤンソンが発表したリーダー作の大半は、ピアノ、ベース、ドラムスのレギュラー・トリオを基調としている。その作品群のなかで、国際色豊かなホーン(管楽器)奏者が参加したこのアルバムは、ひときわユニークな存在感を放っている。 ラーシュにとって、ルンドを除く5人は、初顔合わせも同然だった。しかし「プロジェクトに参加してほしい」という依頼で集められたメンバーの音楽性と信頼感、このメンバーで演奏することを想定してラーシュが用意した印象深い楽曲群。 それらの見事な融合が、ここにしっかりと刻まれている。
後藤 誠(ライナーノーツより)
イエテボリ市のスウェーデン国営ラジオが毎年主催するレコーディング・プロジェクトは「ノルディック・ミーティング」と呼ばれ、厳選されたキャスティングの中から新しい音楽を創造するプロジェクト。その第7回、記念すべき2000年、新世紀のリーダーに選ばれたのがラーシュ・ヤンソン。彼はこのプロジェクトに参加することを心から喜ぶと共に、最高のミュージシャンを各国から呼び集めた。アメリカ、カリフォルニアからオレゴンというグループで30年以上もリーダーとして活躍しているマルチ奏者ポール・マッキャンドレス、イタリアからはヨーロッパで活躍しているトランペッターのパオロ・フレズ、ドラムはデンマークからセンスのよさで北欧の若手ナンバーワンといわれるモーテン・ルンド、スウェーデンからはサックスのヨーハン・ボルグストロームとベースのクリスチャン・スペリング、二人ともスウェーデンを代表するプレイヤー。この個性豊かなミュージシャンが北欧に集い、作曲・編曲を担当したラーシュ・ヤンソンの意欲的な作品の中でそれぞれの才能が光り輝き、まさに"ノルディック・新世紀ジャズ"と呼ぶにふさわしい、新しいジャズの世界を作りあげている。
Member
ラーシュ・ヤンソン <ピアノ、シンセサイザー>
パオロ・フレズ <トランペット、フリューゲルホーン>
ポール・マッキャンドレス
   <イングリッシュ・ホルン、ソプラノ・サックス、バス・クラリネット>
ヨーハン・ボルグストローム
   
<ソプラノ・サックス、アルト・サックス、テナー・サックス、フルート>
クリスチャン・スペリング <ベース>
モーテン・ルンド <ドラムス>
E-mail: info@Lars.jp Copyright(c)2003- Lars Jansson. All rights reserved.